子供が風邪をひくと、抗生物質のクラリスロマイシンが処方されます。

大人になると、薬は錠剤やカプセルで処方されることが多いですよね。

なので、あまり薬の原末本体の味がどんなものか気になることはあまりありません。

我が家には、まだ錠剤の飲めない子どもがいます。

子どもが風邪をひくと抗生物質のドライシロップを処方されるのですが、この中にとんでもなく不味い薬があります。

そう、クラリスロマイシンです。

ちょっと手ごわい風邪をひくと、決まってクラリスロマイシンが処方されます。

思わず、調剤薬局でため息をもらしてしまう母・・・。

薬剤師さんに「これって結構クセがありますよね。子どもが嫌いで・・・」と、変更してくれるかな・・・という淡い期待を込めて言ってみるのですが。

まあ、薬剤師さんも忙しいので、そんな理由で変更のための電話を病院にはしてくれなくて当然なんですがね。

きまって薬剤師さんに言われるのは「いちようイチゴ味になってるんですけどね」というコメント。

う~ん、どう解釈するとイチゴ味なんだろう。

ともかく、クラリスロマイシンの味は苦いのです。

子どもに飲ませるには、少量の水に溶かしたり、練って口の中に入れたりするのですが、薬が一旦口の中に入ると、クラリスロマイシンの苦さが消えないのです。

そして、水に溶かして数分でイチゴ味のコーティングがとれてしまうので、子どもが嫌がってすぐ飲まないと本当に原末の苦さがダイレクトに伝わります。

子どもに飲ませる為に四苦八苦しているときに、たまたま手に着いたのをなめたところ、ビックリ!!

大人もビックリの苦さ、不味さ。

そりゃ、子どもだって飲みたくないよね。

ただ苦いだけでなく、飲んだあとも喉の辺りに苦さが残るのです。

この日以来、子どもに飲ませるときは、チョコを用意。

がんばってクラリスロマイシンを飲み込んだ後は、すぐさまチョコを口の中へ放り込みます。

チョコの強い甘みで、やっと正気に戻れます。

クラリスロマイシンを子供に飲ませるのは大変です。

(岡山県 りりさん)

クラリスロマインなどの抗生物質を市販で買う方法の紹介
↓↓↓↓↓↓
抗生物質市販